割安株を買い続けるだけのBlog

日本と米国市場の割安株の考察と株を買った結果など書いています

いきなりステーキ株価復活のシナリオ

ペッパーフードサービス<3053>が展開する「いきなりステーキ」の株価復活シナリオについて書いていこうと思います、ただ個人投資家として楽観論というかポジティブな捉え方が多いです

 

まずペッパーフードサービスがおかれている現状について

1:採算の取れない赤字店舗を潰し続けている

2:ワラントで資金調達

3:円安や原材料費の高騰で利益圧迫

4:福袋2023の炎上など経営陣の人的ミスで現場の努力虚しく悪いイメージが定着

 

ざっとこんな感じです。

赤字店舗を閉店させるのもお金がかかるので資金調達するのも致し方ないです、円安については一時1ドル140~150円のような為替レートは落ち着いて今現在1ドル128円程で推移しています、福袋2023で炎上したもののすぐに割引チケットの使用ルールを改善しました。

 

ペッパーフードサービスの株価

株主優待廃止」「ワラント」「行き過ぎた円安」によって株価は暴落しました

去年と比べ株価は50%程の下落

暴落したものの、これは株主優待(あと微々たる配当)が廃止された影響が大きいです、いきなりステーキは今、利益改善に向けて努力しています。例えば単価の高い新商品を続々投入し販売しています「イチボステーキ」「王様サーロインステーキ」「和牛リブロース」等・・・です。価格改定として商品全体の値上げも行いました。

 

ラーメン屋、CoCo壱カレー、寿司チェーン店、牛丼チェーン店、マクドナルド、コンビニ弁当などほぼ全ての外食費や物価が高騰値上げした今現在、1食1000円超える事は珍しくなくなりました、それにより『〇〇がこの値段ならいきなりステーキ行くのとあんまり値段変わらない』というような現象が起きていて、不採算店舗を減らしているといのも相まって、時間の経過と共にいきなりステーキの復活はあると考えています、ドル円為替レートのトレンドが円安から円高に転換してるのも追い風です、コロナから立ち直り外国人客の来店にも期待です

 

配当金は無配のままだったとしても株主優待復活までたどり着ければ株価は確実に急騰します。優待を出していて頃の株価350円前後を考えれば軽く見積もって現在株価から30%~50%は上昇すると思われます

優等生が良い成績出しても褒められませんが不良がちょっと良い事すると周りから評価される現象が株式市場にも起こります、いきなりステーキが盛り返し始めた段階で株価は急騰するはずなので事前に株を安い内に仕込んでおくのも有かもしれません

これは完全に一個人の完全な感想ですので投資判断はご自身で行ってください損失等が出ても一切の責任は負えませんです。

 

僕は160円代でペッパーフードサービスの株を買い、いつになるか分かりませんが株主優待復活するまで気長に待とうと思います。